今の時代はパソコンやスマートフォンなどを利用する機会が多いこともあり、視力の低下や眼精疲労で悩んでいる人は少なくありません。
できるだけ目を休めることも大切ですが、仕事などで必要な場合はなかなか難しいものもあります。

 

視力を落とさないためにも、眼精疲労を悪化させないためにも、目のストレッチを取りいれたり、目を温めるなどのケアも行っていきたいですが、目に良いとされる成分や栄養素を摂ることも改善につながりますので、積極的に取り入れていきたいところです。

 

目に良いとされる栄養素にも様々な種類がありますが、特にブルーベリーは有名な存在です。
ブルーベリーの何が目に良いのかということも気になるところですが、まずアントシアニンという色素があげられます。
アントシアニンはブルーベリーのほかにもなす、紫イモなどにも含まれている紫色の色素ですが、植物が紫外線などの有害な光から体を守る働きがあり、抗酸化作用も高いものとなっています。

 

そして目の網膜にはロドプシンと呼ばれる紫色の色素がありますが、長時間目を酷使しているとロドプシンの再合成が遅れ、目が疲れたり、見えづらくなるとされています。
ブルーベリーに含まれるアントシアニンはそのロドプシンの再合成を促進する働きがあり眼精疲労を回復しやすくしてくれます。

 

視力回復の効果があるのかということも気になりますが、眼精疲労が原因で視力が落ちている場合はそれを改善することで、視力を回復させることも期待できます。
さらにアントシアニンには網膜に張り巡らせた毛細血管を保護したり、角膜などのコラーゲンの安定にも役立ってくれますので、こちらも目に良いと言えます。

 

取り入れる方法としては、生のものを食べる、冷凍ものを利用する、ジャムやドライフルーツなどの加工食品を利用するなどという方法もありますが、毎日十分な量のブルーベリーを食べ続けることは難しいものがあります。より無理なく成分を取りいれるのであればサプリメントも活用してみましょう。サプリメントなら、成分がしっかり凝縮されており、一日数粒程度で毎日無理なく摂りいれていくことができますし、持ち運びにも便利で自宅だけではなく、外出先でも利用しやすいので上手に活用していきましょう。
配合されている成分や含有量は商品ごとに違いがありますので、じっくり比較して良質な商品を選びましょう。
そして薬のように即効性があるというものではありませんので、毎日根気よく続けていくことも大事です。